CHARACTER DATE

犬村 大角
いぬむら だいかく:礼の犬士
年齢
24歳
性別
男性
身長
175cm
体重
64kg
眼の色
黒(滅多に開かない)
髪の色
出身地
赤岩

犬士のひとり。礼の玉を持つ。痣は左胸。
物静かな知識人。
基本的には穏やかだが、笑顔のまま怖い台詞を吐くことも多い。
人里離れた山奥で、妻と別れて隠遁生活を送っていた。
幼い頃に父親が化け猫に食われ、以来虐待を受けてきた過去を持つ。
しかし、その父親が偽物であるとは思わず、現八が訪れたことで初めて真相に気づき、化け猫を退治して父親の仇を討った。
この一件もあり、現八とは仲が良く、彼とちゃんと意思疎通ができる数少ない人物でもある。
当初は態度や考え方が冷酷で、犬士たちの中でも遠巻きにされていたが、のちに出会った雛木に振り回される形で、徐々に人間らしさを取り戻していく。
武器は錫杖型の仕込み杖。
公式でカナヅチ設定。