CHARACTER DATE

Zarathustra・Zefung
ツァラトゥストラ・ゼファング(ツァラ):連合軍の大尉
年齢
享年28歳
性別
男性
身長
183cm
体重
74kg
眼の色
エメラルド
髪の色
緋色
出身地
連合国領のどこか

ウィラの軍属時代の上司にして、クォーツの父親がわりにして、ゲイゼルを助けた人物であり、リーザの恋人。故人。
自身も戦火で親を亡くし、リーザの父に救われ、連合軍に入った。
「ツァラトゥストラ」という呼びにくい名前は、リーザの父がつけたもの。
連合国に助けられた自分が連合国に尽くすのは当然と考えており、指揮官であるにも関わらず真っ先に敵陣へ切り込んで一番多く怪我をする。そのため、よくリーザに怒られる。
遺跡に潜伏したディロウ軍を掃討する作戦で、偶然純白晶の暴走に巻き込まれ、意識を失った。
しばらくは連合国城で看病を受けていたが、意識の無いままディロウの暗殺部隊に殺害され、彼の体はリーザの目の前で純白晶に吸い込まれて消えてしまった。
武器は刃のついた金属の輪。聖母の申し子体質者で、緑彩式と赤彩式を扱う。