第10話

 

「あ、萩野ちゃーん。そこ座っていいー?」

背後から掛けられた声に振り返ると、トレイを手にした男子生徒が立っている。
周りを見渡してみれば、杏輔の隣の他に空いている席はほとんどなかった。

「いいよね? 同じクラスの芳川君」
「僕が駄目だと言っても聞かないだろう、お前は」

しかめ面の杏輔が、それでも荷物をどけてくれた席に、芳川はカツ定食の乗ったトレイを置く。一見おとなしそうな容姿に似合わず、かなり豪快な大盛りだった。

「ありがとー。助かったわマジで、食堂ってこんな混むのな。俺、芳川智宏。入学祝いテストで2位だった神崎だろ? 知ってるよ」
「ああ、1位はどこぞの普通科の何とかいう生徒だったな」
「・・・・・・あれ、もしかしてこの話題禁句?」

そのテストで杏輔を破って学年1位に輝いたのは普通科1年C組の吉口で、以来杏輔は彼を一方的に敵視していた。禁句と言えば禁句である。

「そっかー、てっきり頭良い同士、仲良いのかと思ってたわ、うちのヨッシーと」
「神崎と仲良くできる奴なんて滅多にいないよ、芳川」
「そういう黒姫ちゃんは結構仲良い方でしょ。一緒にお昼食べるくらいには」
「あたしは絢ちゃんとお昼食べてるの! 神崎は余計なの!」
「僕からすれば貴様が余計なんだがな」

両者のにらみ合いが喧嘩に発展する前に、絢世は慌てて話題を変えた。

「あ、ねぇねぇ、芳川君って確か剣道部だよね。やっぱり朝練とかでおなか減るの?」

興味深そうに杏輔とかえでを眺めていた芳川が、ヒレカツを飲み込んで首を振る。

「んん、熱心な人だけ出てるんだよね。俺は出てない。師範も夕方しか来ないし」
「師範? 体育の先生じゃないんだ」
「そう。結構その筋では有名な人らしくってねー、たまにうちの生徒だけじゃなくて、小学生とか社会人とかも指導受けに来てるよ。一部勇哉さん目当ての女子もいるけど」
「勇哉さん?」

首を傾げる絢世に、芳川は得意げに頷いた。

「三条勇哉さん。三条慧哉の双子の弟。かっこいーし強いんだぜ」
「えっ、本当?」

思わぬところで三条慧哉への繋がりが出てきた。身を乗り出す絢世に、自慢げな笑みを返す芳川。

「そうか、三条慧哉は瀬城の出身だったな・・・・・・」

呟く杏輔が詳しいのは、以前妹である莉子のために調べた経験があるためだ。中学の頃、彼が珍しく芸能雑誌なんか買うので、質問責めにした覚えがある。

「・・・・・・会えるかな?」
「絢、いちいち首を突っ込むな」
「だけど、黙ってるのも悪いよ。せっかくのチャンスかもしれないのに」

この機会を逃したら、翠羽の手がかりを失ってしまうかもしれない。その思いが、絢世を次の行動へ駆り立てた。

「芳川君、剣道部って見学行っても大丈夫?」
「絢」
「剣道部の見学じゃなくて、勇哉さん見に来るんだよね、それ」

いいけど、と苦笑気味の芳川。

「ただ、あんまり慧哉さん目当てです、って顔すんなよ? 結構気ぃ使ってるみたいだからさ、あの人。それ以外ならめっちゃ良い人だよ」

ある意味、ファンよりよほど慧哉目当てではあるのだが。
クローヴィスに全力のタックルをする翠羽の姿が脳裏をよぎるも、表面上は「もちろん」と笑顔を芳川に返す絢世だった。