第2話

 

結局、反逆者とやらはまだ見つかっていないらしい。サンドイッチを口に運ぶ杏輔の、むすっとした表情を見ればわかる。

絢世から事の顛末を聞いていた青年が、杏輔のその顔で耐えきれなくなったらしく、とうとう声を上げて笑いだした。

「あっ、ひどい。恥ずかしかったんですよ、あたし」
「……会長、笑い事では」
「ああ、悪い。っつってもなぁ、なんて言うか、まあ、神崎らしいな」

つややかな銀髪に、宝石のような深い紫色の瞳。目の覚めるような美貌の持ち主だが、一番の魅力はそれを鼻にかけない気さくな人柄だろう。
美浜山高校全生徒の憧れの的たる生徒会長、早乙女風璃その人から輝くばかりの笑顔を向けられては、さしもの杏輔も文句を引っ込めるしかないようだ。

美浜山高校は大きく3つの校舎に分かれている。
在籍者が最も多い普通科の生徒が使う南棟。進学科の教室や実験室がある北棟。少し離れた管理棟。
それらの建物がコの字に配置され、中央庭園と食堂を囲んでいる。

庭園の端には、見事なアジサイの群落に囲まれた小さな東屋が設置されている。
たまたま昼食場所にと選んで来てみたところ、なんと学校のアイドルと遭遇し、しかも彼は恋人と待ち合わせ中だと言い、さらにその恋人が自分の友人であったのだから、その時は驚くばかりだったことを覚えている。
その事件以降は杏輔も加え、こうして4人で昼食を囲むことも少なくない。

しかし。

「神崎なんかどうでもいいじゃん。それより風璃、週末どこ行く? あたし水族館行きたーい」
「おい黒姫、なんかって何だ。貴様の話の方がよっぽど下らないだろうが」
「下らないって何よ! 只でさえ貴重なデートの時間を邪魔してるのはそっちでしょ!」

案の定、気の合わない杏輔とかえで。この両者は顔を合わせる度に口論が始まるのが常だった。
最初の頃は二人を宥めてくれた風璃も、すでにこのやりとりを日常として受け止めてしまっており、今ではそれぞれの言い分を公平に聞き流している。
そのため、仲裁は絢世の役目となっていた。

「あんたなんて、絢ちゃんがどうしてもって言うから、仕方なく仲間に入れてやってるだけなんだから。でしゃばるのもいい加減にしてよね!」
「ごめんね、姫ちゃん。キョウちゃん、あたしの他に、一緒にご飯食べる人居ないんだ」
「萩野、それフォローになってねぇよ」
「え、そうですか?」

言及された杏輔本人は、しかし落ち込むでもなく、腕組みをしてふんぞり返った。

「そうだ、絢。お前が黒姫の味方をしてどうする。お前は僕の駒だろう」
「またそれ。そんなんだから友達できないんだよ。もう、付き合ってらんない」

偉そうなその発言に、怒りを通り越して呆れたらしく、ため息をつくかえで。
杏輔が絢世を自分の駒と称するのは、なにもこれが初めてのことではない。いちいち訂正するのも面倒なので、彼なりの親愛表現なのだと考えることにしている。

「貴様なんぞ元から要らん。使える人間が必要なだけいれば充分だ」
「あたしだって、風璃がいればいいもん」

べぇ、と舌を出して、彼女は風璃の腕にからみつく。
すぐさま口論の二回戦目が始まり、宥めようと口を開き掛けた絢世の目に、きらりと小さな輝きが映った。

足下に小さな鈴が転がっていた。拾い上げたそれは、彫り込まれた繊細な花の細工といい、複雑に編まれた組み紐といい、どことなく神社のお守りを思わせる神聖さがある。
きっと誰かの大切な物だろう。

軽く振ってみると、鈴はちりんと涼やかな音色を響かせた。