第21話

 

絢世と勇哉の姿が公園から消えて、杏輔は肺にため込んでいた空気を思い切り吐き出した。

未練がましい目で僕を見るな。
お前は僕にどうしろと言うんだ。

叩きつけたい台詞が八つ当たりの一種であることはよくわかっている。その証拠に、こうして彼女と別行動を取ったことを、早くも後悔している自分がいた。

今日の外出を関係修復の良い機会と捉えたのは、杏輔だけではないはずだ。しかし、二人きりの気まずさが耐え難いばかりに、そのチャンスを自ら棒に振ってしまうとは。

頭には、慧哉の余裕めいた笑みが浮かぶ。

「・・・・・・くそっ」

口から漏れた悪態に、翠羽が怯えの色を瞳へ滲ませる。言葉はわからずとも、ニュアンスは伝わるらしい。

「元はと言えば貴様のせいだぞ・・・・・・」
「・・・・・・****?」

不安そうではあるが、こちらを労ろうとする仕草を見せる彼に、方向転換した怒りの矛先も萎えてしまう。

ため息一つで気持ちを切り替え、杏輔は翠羽の持つ手提げ鞄の仲へ手を突っ込んだ。すぐに目当てのものに触れる。それは、大きな封筒に入った書類の束だった。

絢世がクローヴィスに頼まれ事をしていたのと同様に、杏輔にも彼からある依頼がされていた。違っているのは、自分が彼女のように何でもかんでも言いふらさないという点である。

一番上の紙をめくると、現れたのはびっしりと並んだアルファベット。知っている単語も散見されるので、今度こそ英文だろう。

この書類は、翠羽の言動や書いたものなど、気づいたことのとにかく全てをざっとクローヴィスがまとめ、検討した記録だという。
意見を聞かせて欲しい、と預けられたのだが、まずこれを解読するのに骨が折れそうだった。日本語の要約が端に添えられているものの、全体の文量に対して明らかに足りていない。

真剣に読み込むのは後にするとして、ぱらぱらと紙をめくって目を通していく杏輔。時折、翠羽の手による拙い絵が張り付けられており、隣で彼が楽しそうな声を上げた。

「・・・・・・これ」

そう厚くもない束の終わりの方で、杏輔の目が一枚の図に吸い寄せられた。
それは、鉛筆の単純な線で描かれた世界地図。見慣れた形の大陸が、しかし異様な配置で並んでいる。

「これは、パンゲアか?」

フレームが鬱陶しい。外した眼鏡をポケットへねじ込み、シンプルな線画を凝視する。

パンゲアとは、3億年ほど昔の地球上に存在した大陸の名。海洋の底をゆっくりと動くプレートによって、巨大なそれが現在の大陸の形に分割されたのだという。
杏輔がそれを知ったのは何かの教科書だったが、陸地が動くというスケールの大きさに魅了され、しばらくは夢中で調べたものだった。

だが、この地図はどこかがおかしい。大陸がぎゅっと海の中央に集まっている点は記憶の通りだが、どこかに決定的な違和感がある。

答えが出ないままにもう一枚ページを進めると、再びパンゲアの図が現れた。今度のものは資料からコピーしたらしく、ご丁寧に出典まで記載されている。

二つ目のパンゲアを目にした途端、違和感の正体が掴めた。

杏輔が引き込まれたきっかけとなった教科書に、アフリカ大陸の西岸と南アメリカ大陸の東岸の線が重なる、という記述があったのだ。しかし、翠羽の描いた歪なパンゲアでは、全ての大陸が日本を押しつぶすようにして固まっているのである。

「*****!」

嬉しそうに、ひしゃげた大陸の一部を指し示す翠羽。

今の世界は、大陸を乗せたプレートが3億年かけて移動した末にできた。
ならば、同等の時間をかけてさらに移動し続ければ、いずれはこの絵のような知らない形のパンゲアが生まれるのだろうか。
この少年は、そんな遠い未来から来たとでも?

「・・・・・・、まさかな」

久しぶりに感じた高揚に、思考能力まで明後日の方へ飛んでしまったようだ。あらぬ妄想を振り捨て、杏輔はクローヴィスの文書を封筒にしまい直す。
特に期限は言われなかったから、解読はテスト後でも構わないだろう。
厄介な案件は他にもまだあるのだから。