第22話

 

さすがにお屋敷と表現されるだけあって、目当ての住宅は立派な作りをしていた。
まず門から玄関までが遠く、その間を占める庭は迷路になりそうな低木の壁が続く。途中、つやつやと黒光りした高級そうな車とすれ違った。

「慧哉にスーツ貸そうかってからかわれたんだけど、そっちのが正解だったかもな……」

隣を歩く勇哉がぼやく。それに冗談を返せないくらいには、絢世もこの空間に圧倒されていた。

結局、約束よりも幾分早く到着することになったが、手動の重いノッカーを鳴らすとすぐに出迎えられたことからして、どうやら朔夜の方もすでに玄関で控えていたらしい。
金色の髪と瞳を持つ彼も当然のようにきれいな顔立ちをしていたが、風璃のような美貌ではなく、どちらかというと翠羽に近い人畜無害さが印象に残る。

「……勇哉さん、私服でよかったですよ」

互いに自己紹介などをすませた後、絢世はこっそりと勇哉にささやいた。
朔夜は仕事柄か黒いベスト姿だし、ここで勇哉にまでフォーマルな格好をされてしまうと、自分がどこの世界にいるのかわからなくなりそうだ。金髪の二人が並ぶと、それだけで充分目にまぶしいというのに。

洋風のお屋敷なので靴を脱がなくても良いらしい。絢世たちを案内して絨毯引きの廊下を進む朔夜が、嬉しそうな笑みをこちらへ向けた。

「すぐにお会いになりますか? 奥様が帰られたので、今、お嬢様はちょうど機嫌がよろしいんですよ」
「ああ、さっきの車の人か。奥様? 親とは別居してるのか」
「ええ。えっと、朔もそれほど長くお勤めさせていただいていないので、詳しいことまでは存じ上げないのですが。あの、お嬢様の足の事は……?」
「あ、聞いてます。ご病気ですか?」

ぴた、と朔夜が歩みを止め、絢世はその背中にぶつかりそうになる。言い方に配慮が足りなかったかと顔色を窺ってみると、困ったような微笑みの彼がたしなめる言葉を返してきた。

「どうか、お嬢様に足のことをおっしゃるのはご遠慮くださいね。気丈な方ですが、気にされていらっしゃいますから」
「……はい、すみません」
「いえ。……生まれつきお悪いようなのです。奥様もお忙しい方ですから、お嬢様に割いている時間はないと。それで、朔たちがお世話させていただいています」

簡単な説明をすませると、朔夜はちょうど脇に位置する扉をノックした。
わざわざ注意するために立ち止まったのではなく、単純に目的地へ着いただけだったようだ。

「朔です。お嬢様、お客様がお見えですが」

返事はない。

「……お嬢様? 入りますよ?」

もう一度声をかけ、朔夜はゆっくりとドアノブを回す。
その瞬間、部屋の中から飛んできた何かが、彼の顔面に直撃した。

「わふっ!」

尻餅をつく朔夜。その膝の上に、ピンク色のクッションが転がり落ちる。

「……えーと?」

どうしたものかと迷い、絢世は勇哉と顔を見合わせる。とりあえず、このクッションが部屋の主から投げつけられたものだということは理解できたが。

澄んだ高い声が響いた。

「あんたが当たっちゃダメじゃないの、朔。避けなさい。あたしはそこの図体でかい男を狙ったの!」
「俺かよ……」

嫌そうにつぶやく勇哉。大方、窓からこちらの来訪は見えていたのだろう。

クッションの勢いで扉は全開になってしまい、部屋の様子も思い切り晒されている。ピンクで統一されたお嬢様の私室はやや散らかっており、その辺りは普通の女の子と変わりないようだ。

そして、豪華な天蓋付きのベッドの上に、問題のお嬢様の姿があった。

色素が薄いのか、オレンジとはいかないまでもシーツに広がる長い髪は淡いブラウンで、肌も透き通るように白い。つり上がった茶色の瞳は大きく、淡い桜色の唇は反比例するように小さい。まとったライラック色のワンピースはいかにも品が良いものだが、気まぐれそうな彼女には幾分不釣り合いでもある。

信じられないことに、実物の橙珂はクローヴィスの手による肖像画に輪をかけた美少女だった。
最近、見目の良い男性にはなぜか縁の多い絢世だったが、同性でここまできれいな人間を見るのは初めてである。同様に勇哉も、彼女に視線を奪われているようだった。

「お嬢様ぁ、危ないじゃないですか、突然こんなもの投げたら。朔だったから良かったものの……」
「だから、あんたじゃダメなのよ。あたし、同じくらいの女の子が来るっていうからOKしたのよ? 男が来るとか聞いてないわ。帰って貰って頂戴」
「あー……」

当然ながら、絢世と勇哉の体格では、縦にも横にも差がありすぎる。隣を歩いていても反対側からでは気づかないだろうし、今も部屋の中からは勇哉ひとりが訪れたように見えるに違いない。

「すみません、いまーす」
「あら」

身を乗り出して手を振ってみると、ふくれっ面だったお嬢様がころっと態度を一変させた。

「なんだ、早く言ってくれればいいのに。あたし、ほとんど部屋から出ないから友達いないのよね。だから今日すごく楽しみで。……朔! へばってないでお茶!」
「は、はいっ!」

容赦なく命令された朔夜は、勇哉の手にクッションを押しつけ、つんのめるように駆けだしていく。
そんな様子を見もせずに、絢世を手招くお嬢様。
こちらの困惑などお構いなしなその様子に、話に聞いていた儚げな印象が音を立てて崩れ落ちていくようだった。

勧められるまま、ふかふかのマットレスに腰掛ける絢世。肌触りの良いシーツがやたらと乱れているのは、部屋の主がブーツのまま上がっているからだろう。
あれだけ拒絶されたせいか、勇哉は入ってこようとしなかった。

「絢世っていうのよね。絢って呼んでいい?」
「はい、どうぞ。あの」
「なぁに? あ、朔からなんて聞いたか知らないけど、あたし女の子には優しいのよ? だから、緊張しないで気軽におしゃべりしてくれたらいいわ」
「……萩野、先に用事」

浮かべる笑顔も非常に魅力的なのだが、ドアの外から口を挟む勇哉には、氷のような眼差しが飛ぶ。

「うっさいわね、あんた。何様のつもり? つまみ出されたくなかったら黙ってなさいよ」
「俺を追い出して困るのは萩野だぜ? お前を運ぶのが俺の役割だからな」
「運ぶってどういうこと?」

今日決まった流れだから、当然朔夜には伝わっていない。大きな目を見開くお嬢様に、絢世はこれまでの大まかな説明をする。
彼女は瞳を輝かせて、それに聞き入っていた。

「……という訳なんですが」
「へぇ、素敵! いいわ、あたしその子に会ってみたい」
「……翠羽、男だぞ?」
「可愛ければいいの!」

即答され、勇哉が苦い顔になる。当のお嬢様はそんなことを気にしたそぶりもない。

「えーと、じゃあ、橙珂さんに公園まで来てほしいんですけど」
「橙珂って、あたしのこと?」

そういえば、まだ名前も知らなかった。

「すみません。翠羽君がそう呼ぶみたいで、つい。お名前、なんていうんですか?」

今更のことに赤面しつつ絢世が問いかけると、しかし彼女は整った眉をしかめてしまった。

「……名前なんてどうだっていいわ。呼び名があるなら、そっちを使って」
「え、あ、はい」

よくわからないが、この話題は地雷のようだ。
絢世と勇哉が当惑気味の顔を見合わせていると、お盆にティーセットを載せた朔夜がようやく戻ってきた。

「お待たせしました。お嬢様、アールグレイでよろしいでしょうか?」
「いらないわ。朔、あたし出かけてくるから」
「えぇ!」

悲痛な表情の朔夜。不憫である。
同情するようにその肩を叩く勇哉へ、お嬢様のお呼びがかかった。

「ちょっと、そこのでかいの」
「……三条勇哉」
「勇哉。入ってきていいわよ」
「そりゃどうも……」

明らかに彼の方が年上だが、やはり橙珂にとっては何の意味も持たないようだった。
奪い返したクッションを部屋の隅に放り投げ、うんざり顔の相手に対して細い腕を広げる彼女。

「ほら、運ぶんなら運びなさい。知ってるだろうけど、あたしほとんど歩けないのよね」
「……いや、車椅子とかあるだろ」
「す、すみません、探してきます」
「どこにしまったかしらね、車椅子。見つけるよりこっちの方が早いわよ」

あからさまにうろたえる勇哉。無理もない。
滅多に出歩かないという話だったから、車椅子もしばらく出番がなかったのだろう。
加えて、橙珂の体は小柄で華奢な割に、同性の絢世が見てもどきどきしてしまうくらいにグラマーだった。

「朔さんを待ちますか?」
「あたし、待つのって嫌いなの」
「じゃあ、勇哉さんがおんぶするしかないですねー」

人差し指を立てて提案する絢世。
正面から腕を伸ばされるとどうしても、いわゆるお姫様抱っこが脳裏に浮かぶが、運べさえすれば方法はなんでも構わないのである。

「あ? ああ、そうだな……」

少しは気が楽になったのか、彼は浅く息を吐き出し、軽々と橙珂を背負いあげた。逆に、小さく悲鳴を上げたのは彼女の方である。

「きゃあ! ちょっと、先にひとこと言うべきでしょ!」
「悪い。……っていうか」
「何よ。重いとか言ったらはっ倒すわよ!」

耳元で騒ぐお嬢様に、顔をしかめて、違う、と首を振る勇哉。
何となく察した絢世が、手を伸ばして自分のバッグを橙珂の胸の下に挟む。財布と携帯しか中身はないのに大きすぎるそれが、変なところで役立った。

「……助かる」
「いえいえ」

一方、橙珂は突っ込まれたバッグをまじまじと見つめて言う。

「絢、これどこで買ったの」
「え? えーと、駅ビルです」
「同じものが欲しいわ。今から買いに行きましょ」
「おい、翠羽に会うんじゃねぇのかよ」
「交換条件よ。買い物に付き合ってくれたら会ってあげるわ」
「お前もか!」

どこまでも気まぐれなお嬢様に、彼女を背中に乗せたままの締まらない格好で、大きくうなだれる勇哉だった。