第5話

 

留守を任されたのだと、クローヴィスは言った。

「岡野先生は文化祭関係の打ち合わせに出るそうだ。階段で鉢合わせて、話の流れで引き受けた。休んでいる生徒がいるから、と」

養護教諭の名を挙げ、他人事のように解説するクローヴィス。
絢世は思わず、腰掛けたビニールのソファから身を乗り出す。
休んでいる生徒というのがきっと、例の少年に違いない。

「あたしたち、その子のお見舞いに来たんです。でもまだ起きてこないなんて、心配ですね」

背後の白いカーテンに絢世が目をやると、釣られたように隣の杏輔も、後ろを気にする素振りを見せた。
二人が座るソファの後ろは、具合の悪い生徒が休養するためのスペースになっている。

クローヴィスは首を傾げた。

「うちのクラスの生徒か?」
「違います。僕の同級生でもありませんので」

即座に切って捨てた杏輔に対し、相変わらずの無表情をほんの少し、怪訝そうにしかめるクローヴィス。

「……進学科の神崎だろう」
「先ほどそう名乗りましたが?」
「……萩野、本物か?」
「どういう言いがかりだ!」
「キョウちゃん、起こしちゃうよ」

杏輔はいきり立つものの、案の定クローヴィスはといえば、まるで取り乱した様子もない。
淡々と謝罪を述べる。

「そうか、すまん。見ず知らずの生徒に手を貸すというのが、私の知っているお前の人物像と隔たっていてな」
「……どいつもこいつも、僕をなんだと思っている」

教師たちの間でどんな噂がされているかなんて、推して知るべしだろう。
また、あながちその風評は間違っていないのだから、ここで彼がふてくされるのはおかしい。

まあまあ、と絢世になだめられた杏輔は、不機嫌そうに鼻を鳴らして開き直った。

「ふん、好きで来ているわけじゃない。僕は絢のお節介に付き合ってやっているだけだ」
「ねー。帰ってもいいよって言ったのにね」
「お前は黙れ。そもそも、寝ている人間だって生徒じゃない。どこの誰かもわからん不審者だ」
「……どういうことだ?」

ここに至って、さすがのクローヴィスも眉をひそめる。

ちょうどその時、カーテンの向こうで騒々しい音がした。
慌てて跳ね起きた中の人物が、その拍子にベッドから落ちたようだ。
痛そうなうめき声が続き、思わず絢世は身を竦ませる。

三人の視線が集まる中で、カーテンが引き開けられる。
払われた白い布の向こうに、西日を浴びてきらめく長い髪が揺れた。

眩しそうに細められた瞳は、吸い込まれるような深い緑色。
まだ焦点の合わないその目で見つめられ、絢世の心臓がどきりと跳ねる。

息を呑むような美貌の持ち主なら風璃、そしてクローヴィスと、身の周りに二人もいる。
多少違うのは、両者ともあくまで男性的な容貌をしているのに対し、この少年には性差を越えた可憐さがあることだろうか。

慣れとは恐ろしいもので、今更絢世が彼らに対して見とれることも無いのだが、少年の顔からは目を逸らすことができなかった。

やがて、彼の方が絢世から視線を外す。
同じくあっけにとられた風の杏輔にぼんやりと目を留め、最後にクローヴィスへと順に向いたところで、その瞳に光が宿った。

「……りぇーる?」

掠れた声で呟く。

「え、何?」
「りぇーる!」

聞き慣れない響きの言葉を発し、彼はソファの背に手を掛ける。
勢い任せにそのままソファを飛び越え、止める間もなく、腰を浮かせたクローヴィスの長身に飛びついた。

あっけにとられる絢世と杏輔。

もはやタックルと呼んでも差し支えないその抱擁を、クローヴィスは難なく受け止めた。
しかしさすがに困惑を隠しきれない様子で、絢世たちへと向き直る。
解説を求める、とそのオッドアイが言っていたが、状況をつかめていないのはこちらも同じである。

そんなクローヴィスの肩口に、少年はじっと目元を押し当てていた。
やがておもむろに顔を上げ、涙をにじませた瞳で微笑む。

「*******」

彼の口から溢れたのは、絢世が聞いたことの無い言語だった。
どこの言葉だ、と追求しかけた杏輔の口をとっさに塞ぎ、ひとまずその場を見守る。
クローヴィスの母国語だろうか。

しかし、語りかける少年の笑顔に、相手から返ってきたのは小さなため息だった。

「……すまん、何を言っているのか」

きょとんとする少年。

「****、*****」

彼にも、こちらの言葉は通じていないらしい。
クローヴィスの袖にしがみついたまま不安そうに、彼と背後の絢世たちを見比べている。

「先生にもわからないんですか、この子の言葉」
「ああ、まるで聞いたことがない」
「そいつは、先生を知っているようですが?」
「それも感動の再会って感じだよね」
「私の側に覚えは無いのだが……」

生徒二人が勝手に推測を並べ立てていると、さすがのクローヴィスも弱ったようなため息をこぼした。

その長身を見上げて少年は肩を落とし、つまんでいたジャケットの生地も離した。
ぶらん、と下ろした左手が力無く揺れる。

「あ……、あなた、えっと」

項垂れてしまった少年に絢世が声をかけようとしたところで、彼は再び顔を上げた。

今にも泣き出しそうな瞳をクローヴィスに向け、自分を示して呟く。

「……すいは」
「すいは? それは、お前の名か?」

少年はもう一度同じ単語を繰り返し、今度は首を傾げたクローヴィスへと指を向けた。

「りぇーる」
「……名を聞いているのか? 私は……」
「りぇーる。****」
「……ふむ」

小さな声だが、少年の言葉は揺るがない。
その目を見下ろし、クローヴィスは腕を組んで考え込む様子だった。
杏輔がやるよりも圧倒的に様になっている。

「……わかった。事情は汲めないが、お前にとっての私は『りぇーる』なんだな、……すいは」

呼ばれた瞬間、『すいは』はぱっと笑顔を浮かべ、再び両手を広げてクローヴィスに抱きつくのだった。

「……何がわかったと?」
「何もわからん。ただ納得した」

眉をひそめる杏輔に、クローヴィスはしがみつかれたままの姿勢で、淡々と答える。

「理解は、追々でいいだろう。こう懐かれたのでは、放り出すのも気が引ける」
「はーい。じゃあ、あたしも納得しますね!」
「絢、お前まで何を」
「キョウちゃん、そうやって人のこと最初から否定するの、良くないよ。だから友達できないんだよ」

唇を尖らせた絢世が詰め寄ると、文句を続けようとしていた杏輔が言葉をつかえさせた。

「それに関しては、萩野が正しい」
「うっ……、そうまで言うなら、もういい。勝手にしろ。僕は知らんぞ」
「わぁい、ありがと、キョウちゃん!」

絢世が追いつめた分だけ後ずさっていた杏輔は、既にソファから落ちそうなまでになっていた。
下がりかけた眼鏡の位置を直し、ため息をつく彼。

「……お前も、なかなか苦労しているな」
「黙れ」

一方、こちらのやりとりをおろおろしながら見ていた『すいは』と目が合い、絢世はにっこりと微笑みかける。

「よろしくね、すいは君」

彼についてわかったことなど、無きに等しい。
杏輔が警戒するのも当然だ。
だが言葉もわからない状況で、一番不安なのは『すいは』自身に違いないと、絢世は思う。

柔らかな笑顔を返してくれた『すいは』は、すっかり安心しきっているように見えた。