第6話

 

ーーリェールくん。
ありがとう、リェールくん。
あなたのおかげで。
あたしは。

「リェール?」

額に冷たい手が触れ、クローヴィスの意識は覚醒する。
心配そうに覗きこんでくる『すいは』の瞳が、薄暗い視界の中に揺れている。

午前二時、四十六分、十八、十九、二十。
枕元の目覚まし時計が刻む、規則正しい秒針のリズム。

ゆるゆると長く息を吐き出し、クローヴィスはベッドから上体を起こした。
慌てて場所を空けた『すいは』は、自分が寝床にしていたソファには戻らず、ぱたぱた足音をたてて台所へ消える。

嫌な汗をかいていた。
額に張り付いた前髪をかき揚げながら、今見た夢を反芻する。
『すいは』を預かって以来、毎晩語りかけてくる女性の夢。
涼やかな声音には友人か、それ以上に近しい間柄の相手へ向ける、親愛の情が溢れている。
だがあいにくと、クローヴィスに彼女の覚えはない。

柔らかな微笑み。太陽の光がちりばめられたような、まばゆい金色の長い髪。
彼女も、自分のことを『リェール』と呼んでいた。

ずきん、と不意に左目が痛み、思わずクローヴィスはそこを手で押さえる。

『すいは』が戻ってきて、水を注いだグラスをこちらへ差し出した。
心配そうなささやきはまだ理解できないが、豊かな表情や仕草のおかげで、なんとなく意志疎通ができるようになっていた。

グラスを受け取った逆の手を伸ばして、『すいは』の頭を撫でてみる。
困ったような、照れくさいような表情をされた。
感謝は伝わったが、子供扱いはしないでほしい、といったところか。

夢の中の女性は、ありがとうと言っていた。
言葉は通じるのだ、『すいは』と違って。
しかし、夢は毎回、同じシーンで途切れてしまう。

彼女が誰であったのか、クローヴィスはまだ思い出すことができない。